Video Tips:AAFを使ったMedia Composer to Pro Toolsへのシームレスなファイル受渡し! Part.2

 DAWの垣根を越えたインターチェンジ・フォーマット、AAFを使えばMedia ComposerとPro Tools間でもシームレスなプロジェクト共有が可能です!


古くからのPro Toolsユーザーは、Digital Performerなどのセッション・ファイルをインポートするのに、OMFファイルを使用されていた方が多いでしょう。
もちろん、マルチトラックのオーディオ・ファイルを、タイムスタンプを伴ってインポートするには便利なファイル・フォーマットでしたが、Pro Tools側に高価なDigiTranslatorオプションが必要だったり、きちんとした形でインポート出来なかったりで、結局、オーディオ・トラックを一つずつ頭から書出したものを貼付けるというような(笑)大変な作業を強いられてましたね!
そのOMFを拡張し、より汎用性を増したのがAdvanced Authoring Format、AAFファイル・フォーマットです。
もちろん、完璧なインターチェンジとはいきませんが、Media ComposerとPro Toolsの間では問題なくシーケンス/セッションの互換が取れると考えてもよいでしょう。
今回、そのAAFを使ったシーケンス/セッションのやり取りの方法を取り上げていますが、前回の記事ではMedia ComposerからのAAFエクスポートまでを解説しましたね!

AAFを使ったMedia Composer to Pro Toolsへのシームレスなファイル受渡し! Part.1

Part.2では、Media ComposerからエクスポートされたAAFファイルと、QuickTimeムーヴィーをインポートしてみましょう!



まずは、前回エクスポートしたAAF/ムーヴィー・ファイルをPro Toolsのワークドライヴにコピーしなければなりませんが(笑)ISIS共有ストレージにメディア/AAFが存在する場合は、これらをコピーする必要すらありません。
繰り返しになりますが、ここではビデオ・エディットとMAが全く別の場所で行われる事を想定しているので、メディアのコピーは必須ですね。

コピーが完了したら、Pro Toolsを起動してセッションを開くを選択して下さい。
「開く」ウィンドウが表示されますので、まずは先程コピーしたAAFファイルを探し、開きます。

すると、Pro Tools側でセッション・パラメータの設定を要求してきますので、必要に応じて調整します。
オーディオ・ファイルの編集/エフェクト処理が完了したら、Media Composerに書き戻す事になるでしょうから、サンプルレートやビットデプスはそのままにしておくのがよいでしょう。
ここでは、4つのMonoオーディオとしてMedia Composerからエクスポートしてますので、インターリーブにもチェックが入っていませんね!



OKをクリックすると、今度はPro Toolsセッションの保存場所を指定するウィンドウが現れます。
任意の場所を選択して、保存して下さい。



すると、セッションデータのインポート・ウィンドウが現れます。
Media Composerで作成したオリジナルのシーケンス名、ファイル形式(AAF)、タイムコード情報やサンプルレート、フレームレートまでが表示されているのもお分かりですね!
この状態からPro ToolsセッションにAAFデータをインポートするパラメータを調整する訳です。

今回はPro Tools用にオーディオ・データを埋め込んだAAFファイルをエクスポートしたため、メディアオプションにある「オーディオ・メディア・オプション」が「ソースメディアからコピー」になっています。
ビデオ・メディア・オプションには「ソースメディアにリンク」が選択されていますが、既に解説した通り、Pro ToolsからAAFのムーヴィー・ファイルは読み込み出来ませんので、ここは無視されてしまいます。

あとはオーディオ・ファイルをどのトラックに読み込むか???を指定しますが、ここではトラックが空の状態でセッションを開いていますので、「新規トラック」を選択します。



パラメータの調整が完了してOKをクリックすると・・・
上の図の様に、オーディオ・ファイルがタイムスタンプを伴ったまま、Pro Toolsにインポート出来ましたね!

ここまでくれば、柔軟なオーディオ編集やプロセッシングが可能になるのもお分かりでしょう。
ちなみに、Media ComposerとPro ToolsがVideo Satelliteで接続されている場合、Pro Tools側でビデオを見る事は出来ないのですが、カット情報のみのムーヴィーを読込む事も出来ます。

しかし、しつこいようですが(笑)今回は別々にビデオ編集とMAを行う場合を想定していますので、このままではムーヴィーのカット情報すら分からない状態になってしまいます。
そこで、Part.1でエクスポートしたQuickTimeムーヴィーをPro Toolsに読込んでみましょう!



ここからは既にお分かりの方も多いかと思いますが、ファイル > インポート > ビデオ…を選択します。
AAFファイル・インポート時と同様、ファイルを選択するウィンドウが現れますので、目的のムーヴィー・ファイルのある場所を探して選択します。

すると、こちらもAAFファイル・インポート時と同様、インポートするムーヴィーのパラメータを調整するウィンドウが現れます。
もちろん、Media Composer側でエクスポートされたムーヴィーは、AAFファイルのオーディオと同じシーケンスを元にしていますから、新規トラックにセッション・スタートの位置からインポートすればOKです。
このムーヴィー・ファイル自体にはオーディオ・データも含まれていませんから、その他はデフォルトのままでOKをクリックして下さい。



すると、オーディオとビデオがシンクした形でセッション・データが出来上がりました!
こうやって文章にしていくと面倒なようですが、手順さえ覚えてしまえば、スムースなインターチェンジが可能なのがお分かりになったかと思います。
もちろん、Pro ToolsシステムにBlackmagicのカードがインストールされていれば、外部モニターにHDクオリティでムーヴィーを表示する事も可能です。

しかしながら、今回のAAFファイルの様にシンプルなものであれば、Pro Tools側のパフォーマンスも問題ありませんが、ムーヴィー・ファイルが巨大になったり、オーディオ・トラックが膨大になったりすると、パフォーマンス面で問題が出てくる事もあります。
そういった場合には、先程も少し触れたVideo Satelliteでのリンクを行うという手もあります。
これであれば、Pro Tools側のパフォーマンスを最大化する事が出来ますので、より快適でシンプルなワークフローを構築する事も出来るのです。

Video Tips:Avid Video Satellite 最適化されたHD Video Workflow >>

Media ComposerとPro Toolsでのビデオ編集/オーディオ編集には、規模やワークフローに応じた様々な方法論が存在します。
Miyaji Professional Divisionでは、そういったご相談も随時受け付けております。
お問合せはお気軽に!

お問合せフォームはこちら >>

(文:Miyaji Professional Division:梓澤)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

製品名/キーワード検索

カテゴリー

アーカイブ