簡単です!Pro Tools Upgrade and Support Plan アクティベーションの流れ

近頃、Pro Tools SoftwareのUpgrade and Support Planの更新期限が迫っていることもあってか Upgrade and Support Planの更新手順が分からないという内容のお問い合わせが大変多くなってまいりました。「アカウント情報は分かっていても何をどうしたらいいのか分からない」「バージョンは10, 11で使っているけど、そろそろ12を使いたい」などなど…

ならば少しでもお手伝いできないかということで、今一度分かりやすくまとめて解説してみましょう!


・まずはAvidアカウントにログイン!

こちらのリンクからAvidのサイトを開き「Avidマスター・アカウントに ログインする」の下のEメールとパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。※もしもパスワードをお忘れの場合は「パスワードを忘れた場合?」をクリックし、Eメールを入力、その下に表示されているコードを「コードを入力します。」に入力しパスワードのリセットを行ってください。



 



・ダウンロード・コードを入力!

アカウントページ左側の「ユーザーの製品」→「Avidソフトウェアのアクティベーションとダウンロード」をクリックし、「ダウンロード・コード」にパッケージ版でご購入の方はパッケージ内のカードの裏面、メール納品の方はメールに記載された「USP******-*********-*******」という形式のコード半角英数でハイフンも含めて入力します。※「請求先情報を確認または更新してください。」と表示された場合には半角英数で不足項目を更新してください。


 



・Upgrade and Support Planをアクティベート!

ダウンロード・コードを入力し、不備や間違いが無いことを確認したら右下の「Activate Product」をクリックします。次のページに切り替わったら、そこで一度ストップしましょう!



※暫くAvidアカウントにログインされていない方は「Eメールアドレスの確認」が必要になる場合があります。表示されたEメールアドレスに間違いが無いことを確認し「はい」をクリックすることでAvid.comアカウントの確認という件名でアカウント確認用リンクが記載されたメールが届きますので、そのリンクをクリックし次のページへ。



・ここでiLok License Managerを起動!

本来でしたら出番は最後なのですが、逸る気持ちを抑えつつ…この段階でiLok License Managerを起動しておきます。なぜかというと、アクティベーションの次の手順でiLokの情報を入力する必要があるので、iLokのアカウント情報が間違っていないか確認する意味で先にログインしておきます。ここで間違った情報を入力してしまうとういうケースもありますが、複数のアカウントをお持ちでどのアカウントの分だろう?というときもお手持ちのライセンスやiLokの確認もできて安心かと。※iLok License Managerを起動して「License Daemon is Outdated」とダイアログが出た場合には新しいバージョンをダウンロード、インストールしてください。



・ライセンスを発行するiLokアカウントの指定とAvidアカウントと関連付け!

iLok License Managerで内容確認が終わったらブラウザーに戻りましょう。2つ前の手順で「Activate Product」をクリックしたあとで表示されたページには「購入時に使用したiLok.comアカウントを選択してください」(英語表示では「Please select iLok.com account for your purchase」)とあります。そう、ご購入いただいたUpgrade and Support PlanをどのiLokアカウントに適用するのかを指定します。iLok 2をまだ持っていない、そもそもiLokアカウントを持っていないという方以外はページ右下の「iLokユーザーID」にiLok ID(iLok License Managerで確認しましたね?)を入力し「このアカウントを使用」(英語では「Use this account」)をクリック!暫くグルグルになりますが慌てずに!



続いて、次のページでAvidアカウントとiLokアカウントの関連付けというか連携の許可を行います。iLokのUser IDとパスワードを入力し間違いが無いことを確認し「Authorize」をクリックします。


 

・ん?世界地図出てきた!

今までのページとガラリと変わって世界地図が出てきました。ここではUpgrade and Support Planをどの国のどの販売店から購入したかを指定します。弊社でご購入いただいた方は「Find your reseller」欄に「Miyaji」と入力し、候補の中から「KK Miyaji Shokai」を選び右側の「Pick this reseller」をクリックします。暫くグルグルになりますが慌てずに!


 



・いよいよ大詰め!サレンダー!

続いてUpgrade and Support Planの「Perpetual Product」、「永久利用可能製品」(ページの言語設定により表示が異なります)の下にある「Select upgrade options」をクリックし、リストからサレンダー可能(登録済ライセンスにより表示数が異なります)なライセンスを選択します。仮にiLokアカウント上で複数の同じライセンスをお持ちの場合、アクティベートした日時で判別可能です。間違いが無いことを確認したら「送信」をクリック!ここまでの手順でUpgrade and Support PlanのライセンスがiLokアカウントにデポジットされます。





・最後にiLokにライセンスをダウンロード!

そして最後のひと手間。iLok License Managerに戻って画面上部の「Available」をクリック。するとそこにはAvidからデポジットされた「Pro Tools HD Plan」と「Pro Tools HD with Upgrade and Support Plan 2015」が表示されています。それらを選択し画面左のiLokにドラッグ&ドロップ。これでライセンス関連の作業は終了です!お疲れ様でした!


 

あとは状況により、Pro Toolsを最新バージョンでお使いになるか、暫く現状維持でセッション落ち着くタイミングで入れ替えるかというところでしょうか。例えば現在バージョン10と11を使っていて、10を残して11を12にしたいという場合には必ず11をアンインストールしてから12をインストールしてください。Pro Tools 11からはアンインストーラーが存在しないので、下記のページをご参照ください。

・Pro Tools 11(以降)の アンインストール 方法(Mac OS X)※Avidページへのリンクです
 

その他ご質問、iLok 2、Upgrade and Support Plan Renewalのご購入はこちらの問合せフォームまたはお電話にてお気軽にご相談ください!


 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

製品名/キーワード検索

カテゴリー

アーカイブ